最新情報

最新情報news

2014.07.23
小規模宅地等の特例 内部で行き来可能な二世帯住宅の適用関係~区分所有建物の登記が有る場合は被相続人の居住用部分のみに制限~
2014.07.18
国税庁 中小企業投資促進税制の’’上乗せ’’措置で通達 ~まとめ買いで価額要件クリアした資産の一部に上乗せも~
2014.07.11
国税庁 平成26年分の路線価等を公表 さいたま、東京など18都市の最高路線価が上昇
2014.07.10
政府税調 法人税改革案を取りまとめ 法人実効税率引き下げの代替財源確保へ具体案を提示
2014.07.04
政府 法人税改革を盛り込んだ骨太の方針を閣議決定
2014.06.03
平成26年度改正 中古住宅取得後の耐震改修工事でも税制措置
2014.05.31
大阪高裁 はずれ馬券購入費用全部が払戻金を得るために直接要した費用と判断
2014.05.04
環境関連投資促進税制 対象設備の指定告示を一部改正
2014.05.01
請求書の取引金額の修正は別途資料の保存で可
2014.04.28
政府税調法人課税DG 租税特別措置の見直しを議論
2014.04.25
国税庁 税務調査手続きの通達・事務運用指針・質疑応答集を一部改正
2014.04.21
純資産価額方式の法人税等相当額控除の割合が40%に
2014.04.18
政府税調DGが番号制度の論点整理をまとめる
2014.04.16
税制改正法とともに政省令が公布・施行
2014.04.10
生産ライン改善設備は新事業に係る導入設備も対象
2014.03.28
税抜価格ベースの端数処理と積上げ計算の特例の適用
2014.03.26
接待飲食費の50%損金算入 得意先が一人でも形式的なもの以外は対象に
2014.03.24
政府税調法人課税DG 初会合
2014.03.13
外国税額控除 国外源泉所得の範囲が明確化
2014.03.11
公益法人等への寄附に係る非課税制度の見直し
2014.03.06
小規模宅地特例の見直し、国税庁資産課税課情報で二世帯住宅の適用事例を解説
2014.03.03
国税庁 事業承継税制の新法選択届出書を公表
2014.02.27
貸出債権の売買一般化等に対応して課税売上割合の算出方法を見直し
2014.02.18
所得拡大促進税制 26年3月期分を翌期に上乗せするには
2014.02.07
平成26年度改正 土地等に係る取得費加算の特例を縮減
2014.02.05
交際費課税緩和の対象にはゴルフ接待等の飲食費は含まず
2014.02.03
環境関連投資促進税制の対象資産からLED照明設備等を除外
2014.01.31
産業競争力強化法が施工、秋の税制改正大綱
2014.01.28
交際費課税緩和は4月1日以後開始事業年度から
2014.01.20
小規模宅地特例見直しの一部は本年分相続から
2014.01.17
交際費課税緩和は4月1日以後開始事業年度から
2014.01.11
関信局 平成24年分の相続税の申告状況を公表
2014.01.08
「国外財産調書制度」5,000万円超の国外財産所有する居住者は確定申告の有無にかかわらず3月17日(月)までに提出
2013.12.20
税を考える週間 迫田関信局長が記念講演
2013.12.17
自民党税調 平成26年度税制改正で検討中の納税環境整備
2013.12.06
生産等設備投資促進税制は研究開発目的で設立した子会社での適用も可能に
2013.12.04
消費税転嫁対策法
2013.11.29
政府税調 マイナンバー・税務執行DGも議論開始
2013.11.27
与党税制協議会 消費税の軽減税率で中間報告、12月中旬の平成26年度税制改正大綱で結論
2013.11.22
復興特別法人税の廃止と税効果
2013.11.18
荻窪・杉並税務署が納税街頭キャンペーンを開催
2013.11.15
特定新聞等に関する経過措置の対象から「雑誌」を除外
2013.11.12
国外財産調書制度がスタート 国税庁は近くFAQ公表へ
2013.11.08
国税庁 平成24事務年度の法人税等の申告事績を公表
2013.11.07
小規模宅地等の特例 申告期限までに売買契約を結んだ居住用宅地等
2013.11.05
政府 産業競争力強化法案を閣議決定・国会提出
2013.10.29
番号法 平成26年1月に特定個人情報保護委員会を設置
2013.10.25
中央祖推協で初のシンポジウムを開催
2013.10.23
国税庁 総額表示義務の特例措置に関する事例集
2013.10.17
与党「税制改正大綱」を決定、設備投資減税の拡充、所得拡大促進税制の要件緩和

お問い合わせ