最新情報

取得価額100万円未満などの一定の美術品等は減価償却資産に該当

平成26年12月25日に公表された「法人税基本通達等の一部改正について」では、
取得価額が100万円未満など一定の美術品等について減価償却資産に該当する。

固定資産税の課税客体となる償却資産は、償却費が法人税法、所得税法で損金・必要経費に算入されるもののうち、取得価額が20万円未満の少額資産以外のもの等が該当すると規定されている。

さらに、遊休、未稼働資産や、法人税や所得税の計算で償却費を損金計上しない資産であっても、含まれるものとして取り扱われている。

また、償却資産の賦課期日は、その年の1月1日であるため平成27年度の申告については平成27年1月1日までに取得した償却資産が対象となる。

最新情報news

2016.01.09
マイナンバーの身元確認と必要書類
2016.01.06
与党税協 自公税調会長によるインボイス制度の原案を了承~課税事業者に対する「適格請求書」等保存方式を導入
2015.12.07
社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入
2015.11.13
与党税協 29年4月の税率引上げと同時に軽減税率の導入を確認
2015.11.05
国税庁 個人番号の記載に代わる扶養控除等申告書の記載方法を示す
2015.10.20
与党税協検討委 10月半ばから年末にかけて議論
2015.10.14
マイナンバー 通知カードは10月中旬より順次発送~受取は世帯ごとに簡易書留で~
2015.04.08
系統連系工事費の税務上の取扱いを国税庁に確認~太陽光発電設備の取得価額に工事負担金は含まれず~
2015.04.03
小規模宅地特例 更地貸付けも賃借人が建物・構築物建てれば適用可~コインパーキング業者などへの更地貸付けも対象に~
2015.03.24
欠損金繰越控除 新設法人の特例は27年4月1日前の設立も対象

全てを表示

お問い合わせ