最新情報

消費税率10%へ向け税率に関する経過措置を規定~家電リサイクル料金に係る経過措置を新設~

税制抜本改革法3条に基づく消費税率10%引き上げに係る指定日(平成27年4月1日)まで半年余となる9月30日、現行の8%から10%への引き上げに対応する経過措置を規定した消費税法施行令の一部を改正する政令が公布された。

なお、平成27年10月1日に10%へと引き上げるか否かの判断は、現在の所12月8日以降に決まる見通しとなっている

従来、電機料金に関する経過措置は、電気、ガス、水道、電気通信、熱供給など検針等に基づき料金の支払いを受ける権利が確定するものを対象としていた。
この点、北海道をはじめとする積雪が多い地域ではパイプラインで灯油の供給が行われ、検針で料金が確定するケースが多い。消費税の取扱上このような灯油の供給はガスの供給と同様に整理され経過措置の適用対象とされてきたようだが、今回の政令改正で明確化が図られている。

最新情報news

2016.01.09
マイナンバーの身元確認と必要書類
2016.01.06
与党税協 自公税調会長によるインボイス制度の原案を了承~課税事業者に対する「適格請求書」等保存方式を導入
2015.12.07
社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入
2015.11.13
与党税協 29年4月の税率引上げと同時に軽減税率の導入を確認
2015.11.05
国税庁 個人番号の記載に代わる扶養控除等申告書の記載方法を示す
2015.10.20
与党税協検討委 10月半ばから年末にかけて議論
2015.10.14
マイナンバー 通知カードは10月中旬より順次発送~受取は世帯ごとに簡易書留で~
2015.04.08
系統連系工事費の税務上の取扱いを国税庁に確認~太陽光発電設備の取得価額に工事負担金は含まれず~
2015.04.03
小規模宅地特例 更地貸付けも賃借人が建物・構築物建てれば適用可~コインパーキング業者などへの更地貸付けも対象に~
2015.03.24
欠損金繰越控除 新設法人の特例は27年4月1日前の設立も対象

全てを表示

お問い合わせ