最新情報

日税連 平成27年度税制改正に関する建議書を提出

日本税理士会連合会は7月22日、「平成27年度・税制改正に関する建議書」を財務大臣
、国税庁長官、財務省主税局長などに提出した。全国15の税理士会から提出された537項目の改正意見から、「公平な税負担」「理解と納得のできる税制」「必要最小限の事務負担」「時代に適合する税制」「透明な税務行政」の5つを基本的な視点として検討し、31項目に集約した。
1つ目の「単一税率を維持すること」(消費税)では、消費税率引き上げに伴ういわゆる逆進性について、個人所得課税及び社会保障給付を合わせた社会保障と税の一体改革の中で対応策を構築することが適切で、個人所得課税における所得再分配機能の強化と番号制度の導入による社会保障給付のさらなる効率化・重点化により対処すべきであるとした。
2つ目の「外形標準課税は中小企業には導入しない事」(地方税)では、中小企業は財務基盤が弱く欠損法人割合も高いことから、同制度の導入は担税力のない欠損法人の経営を圧迫し、中小企業の雇用問題にも影響を及ぼすと指摘した。
3つ目の「欠損金控除限度額を一律に縮減しないこと」(法人税)では、内部留保が相対的に乏しい中小企業については、現行制度を維持すべきであるとした。

最新情報news

2016.01.09
マイナンバーの身元確認と必要書類
2016.01.06
与党税協 自公税調会長によるインボイス制度の原案を了承~課税事業者に対する「適格請求書」等保存方式を導入
2015.12.07
社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の導入
2015.11.13
与党税協 29年4月の税率引上げと同時に軽減税率の導入を確認
2015.11.05
国税庁 個人番号の記載に代わる扶養控除等申告書の記載方法を示す
2015.10.20
与党税協検討委 10月半ばから年末にかけて議論
2015.10.14
マイナンバー 通知カードは10月中旬より順次発送~受取は世帯ごとに簡易書留で~
2015.04.08
系統連系工事費の税務上の取扱いを国税庁に確認~太陽光発電設備の取得価額に工事負担金は含まれず~
2015.04.03
小規模宅地特例 更地貸付けも賃借人が建物・構築物建てれば適用可~コインパーキング業者などへの更地貸付けも対象に~
2015.03.24
欠損金繰越控除 新設法人の特例は27年4月1日前の設立も対象

全てを表示

お問い合わせ