節税への道

生前贈与の活用

贈与税の非課税枠は1人110万円あります。この枠を活用して、父から子へ毎年、120万円の贈与をすることにより、 10年間で1200万円、父の財産を減らすことが出来ます。

ポイント

この場合、子供名義の預金にかかわらず、実質的に親が管理する名義預金と言われないため、 毎年 贈与税(この場合1万円)を支払って税務署に申告書を提出しましょう。

生前保険の活用

死亡保険金は節税を図りながら、納税資金の確保も出来ます。最大のメリットは「500万円×法定相続人数」が非課税枠の特典です。

例えばAさんが死亡すると死亡保険金が1,000万円出る契約ですと相続人が2人の場合、保険金の非課税枠は1000万円のため相続財産にカウントされず相続税を 収めることが出来ます。

不動産の有効利用

空き地や更地のままよりも、賃貸アパートを建設することにより、相続税の評価額を大幅に引き下げることが出来ます。 現金1億円と空き地3億円の合計4億円の資産に対して、その空き地に1億円の建築費のアパートを建築した場合、以下のとおり相続税評価額を1億1900万円圧縮できます。

アパート建築による相続税評価額の試算

○相続税の支払いに使える メリット ○相続税評価額が安い
○分割しやすい ○賃料収入がある
○相続税評価額が高い デメリット ○換金しにくい
○高い固定資産税を支払う必要あり ○分割が難しい
  ○当初は満室でも10年後には空室が目立つ、修繕費の負担が多くなるケースも

お問い合わせ